グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  新着情報 >  【注意喚起】電力会社の社員などを装った不審な電話にご注意ください!

【注意喚起】電力会社の社員などを装った不審な電話にご注意ください!


電力会社やその関係会社の社員などを語り、メーター交換や契約内容適正化などの内容の不審な電話が発生しております。

電力会社もしくは関係会社を名乗る電話があった場合は、会社名、所属、氏名、連絡先をご確認いただくとともに、訪問があった場合には身分証を必ずご確認ください。不審に思われる際は、すみやかに当社もしくは各電力会社までお問い合わせをお願いいたします。

【確認された事例】
電力会社やその関係会社、もしくは関係会社と思わせるような名前の会社および組織の社員などを語り、

・明確な理由なしに「メーターの交換が必要」と電話で執拗にせまってくる。
・「電気料金が安くなる」等の謳い文句で、必要でもないのに機器類を販売・工事をしようとする。
・ご利用明細書に記載されている情報(電気ご契約内容やお客さま番号等の個人情報)を聞き出そうとする。
・「非通知」または「発信専用」で電話をかけてくる。

電力会社や関係会社の社員が上記のようなことを行うことはございません。
ご注意いただけますよう宜しくお願いいたします。

※電気メーターは一般送配電事業者(地域の電力会社の送配電部門)の資産であり、法律で定められた検定後の有効期間(主に7年または10年)があります。有効期間が切れる前に交換をする必要がありますが、その交換は電力会社の関連会社等が行い、その費用は無料です。
不審に思われる点があれば、1度電話を切り、電力会社の最寄り営業所に電話をかけなおし、電気メーターの交換をする必要があるか確認をしてください。